【舞台発表】

今年のテーマは「愛」です。
今、私たちは愛に満たされています、
しかしそれについてじっくりと考えたことがあるでしょうか。
全体会では「愛」のすばらしさ、重要性などを考えていきます。

空気のような存在の「愛」。そんな「愛」だからこそこの機会に考え直すべき、
全体会委員会はそう考えました。

全体会委員会は「愛」の種類別に3つの班に分かれます。

T.犠牲愛班

犠牲愛班では劇の発表を通じて見ている人たちに「他人のために大切なものを犠牲にできますか?」
ということを問いかけます。
映画タイタニック、いじめられている好きな女の子、
親友の起こしてしまった事故、自分の子どもへの心臓移植・・・・

さまざまな事例に基づいた「犠牲愛」を検証していきます。

あなたは
「他人のために大切なものを犠牲にできますか?」

U.家族愛班

家族愛班では国際結婚をめぐった父娘間の衝突を題材に発表します。

「将来、娘が苦労するに違いない」と反対する父。
「問題はない」と主張する娘。

石頭家で繰り広げられる問題を
実際に国際結婚された方々の意見を交えつつ劇にしました。

「愛」は国境を越えることができるのでしょうか。

V.恋愛班

この班では、私達に一番身近な「恋愛」について考えました。
恋愛のメカニズムをTV番組形式で知ることができます。
恋をしている人も、「まだ恋はまだまだ」という人も
揃って楽しめるようになっています。