全体会自由発言98をまとめてみて

 過去ログを作るにあたって,管理人削除部分などの不必要なところは消そうと思ったのですが,そのままの雰囲気を残したかったので,結局全て残すことにしました。

 以下,まとめてみての感想です。


1.やはり事後処理は困難か?

 書き込みにも指摘があるとおり,結局今年も満足のいく事後処理はできませんでした。アンケートの結果や他校とのやりとりをWeb上に載せるにも,学校祭期間中は時間が無く,終了後は各自勉強や部活に忙しくなるので,少し手直ししてまとめらしくするのが精一杯というのが実状のようです。意見を募集するときは,前もって結果が報告できないかもしれないと断っておき,学校祭終了後の事後処理についても,他人まかせにしたり,来期の全体会委員に負担をかけたりするような行為(私もしてしまいましたが)はやめるべきだと思います。

2.本番数日前になってもドタバタしてるのは全体会の伝統か?

 今年もシナリオ作成に時間がかかり,リハーサルにおいて各自の仕事がまだ完璧にこなせず,フェニックスプラザや文化祭実行委員の関係者の人達に多大な迷惑をかけてしまいました。演劇部などと比べると舞台発表の手際が悪くなるのはしかたないのかもしれませんが,悪い伝統として残らないようにこれからの全体会の人は気を付けて下さい。

3.インターネットの利用について

 96年度に当時一年の滝波,田中の二人が福井大学のページを借りて全体会がインターネットデビューしてから,97,98と広報や意見収集のためにインターネットを利用してきましたが,この二人が抜ける99年度にもインターネットをうまく活用できるかすこし不安です。98年度はインターネット班が準備段階でやや孤立してしまい,本番で本筋とインターネット班の主張が食い違うといった事態が生じてしまいました。もしこれからもインターネットを利用するなら,「インターネット班」として独立させずに,広報の一手段として利用するのが無難かと思います。全体会にインターネットに詳しい人間が居らず,外部の人間に任せるのなら,情報の相違が無いようにくれぐれも気を付けて下さい。


 最後に,この掲示板やメール,ニュースグループなどで意見をくださった方々,本当にありがとうございました。これからも全体会が情報を発信することがあると思いますが,そのときはまたよろしくお願いします。

全体会広報 滝波真澄