全体会自由発言98(過去ログ)


Re:ハテ
柴田@平成5年度卒(98/7/24 16:18)

ウメダジュンヤ さんは書きました
> 今年度のテーマが「藤島高校」の現状と在り方について、とのことですが、(中略)、高校生というのは進学校の生徒のみを指すわけではないでしょう。
 確かにそのとおりですが、かつて全体会を身近に見ていた(関係者ではない)ひとりとして、いたずらにテーマを大きく広くするのは、議論が散漫になりがちで、全体会委員以外の人は、ただ、全体会委員の話を聞くだけの存在になってしまう可能性があります。
> 学校に対して高校生の持っている不満というのを総合的に考えるのなら、藤島高校という小さな枠の中にいては難しいのではないでしょうか。
 こういった議論は、自分たちの身近な問題について議論しないと、極めて具体性に欠け、議論が抽象的・総花的・模範解答的になり、全く面白くないものとなってしまうのではないでしょうか?
藤島高校生が、自分たちの生活の場としての藤島高校について議論するのですから、私としては、全体会のテーマにふさわしいものと考えます。高校一般について議論するといっても、藤島高校のように大学進学を目標にしている高校と、そうでない高校、あるいは商業高校や工業高校など、それぞれに環境が違うものをまとめて議論をするのは難しいのではないでしょうか。
> あくまでも藤島高校だけの改革ならば、生徒会活動の一環として別の機会を設けるのが妥当なような気がします。
 あげあしをとるようで気が引けるのですが、学校祭も生徒会活動のひとつです、と指摘しておきます。
全校生徒を引き込んで問題を考える場としては、全体会はふさわしい場と考えます。(生徒総会に比べ、準備にかけられる時間、会場の環境の良さなどで優れているのではないでしょうか)