シナリオ
M○…司会者
S○-○…解説者
M1  みなさんこんにちは 全体会です。司会の   とー
M2    です。
M1  まず始めに、私たちのアンケート、インタビューにお答え下さった皆さん、先生方、
本当にありがとうございました。それでは始めましょうー
全員 全体会2011!
M2  今年の全体会のテーマは「リア充」です。
 みなさんはリア充という言葉を知っていますか?7月に藤高生の約400人に実施
したアンケートの結果をご覧ください。
 85%の人が知っていて、15%の人が知りませんでした。
M2  意外にも多くの人が知っていましたね。
M1 ここでリア充という言葉の意味をもう一度おさらいしたいと思います。
リア充とはもともとネットいるにハマっている人が、現実の生活が充実している人を
指して言った言葉です。
M2 僕たちが使うときは恋愛してるかって意味が強いんですけどね。
M1 はい、そうですね。しかし、全体会では「リア充」を何かによって現実の生活が充実し
ているという広い意味で捉えていきます。
M2  今回、僕たち全体会は「リア充」というテーマの下に、藤島の生徒が一体何に夢中に
なっているのか、これから生活を充実させていくにはどうするかについて調べました。
その調査結果は、あちらに座っているプレゼンターの方々から報告してもらいます。
M1  ちなみに今日の発表の構成は三つ。
第一部 藤島高校の「リア充」たち(生徒編)
第二部 「リア充」VS「非リア充」
第三部 藤島高校の「リア充」たち(先生編)
となっております。
M2 それでは早速、最初の報告に入りましょう。
S1-1  はい、プレゼンターの   と   です。私たちは7月に各学年5クラスずつ実施した
藤高生へのアンケート結果を元に報告します。そのアンケートでは、「最も関心がある
ことは?」という質問をしました。その結果がこちらです。
御覧のように、一番は趣味、次いで部活、勉強、将来、恋愛となりました。
M1  藤島らしい結果ですね。
S1-2  実はこの質問は「週刊少年マガジン」が5月に実施したアンケートと同じものなんです。
では、全国の中高生の関心と藤高生の関心を比較してみましょう。
どうぞ!
マガジンでは、一番が恋愛、次いで趣味、部活、将来、勉強の順でした。
S1-1  藤高生は全国と比べて勉強の人が多いようですね。
 3年生が受験を考えていることが勉強の順位を引き上げたのかも知れません。
M2  なるほど。でも、勉強が高いのは3年生によるものだけとは限りませんよね?
1、2年生だって・・・。
S1-1  ということで、学年別にまとめてみました。
M2  ああ、確かに3年生の「勉強」の割合は高いですね。
S1-2  1年生は部活がダントツ。次に恋愛・友人・勉強。
勉強にはまだそんなに関心がないようです。
 2年生はこれといって高いものはありませんが部活への関心が低い気がします。ア
ンケートをとった時期は3年生が抜けたばかりの時期だったんですけど・・・
 3年生は勉強への関心がTOPですが、友人への関心はほとんど0。先生が受験は
団体戦とよくおっしゃっていますが、共に走る仲間であっても、関心までは持てないの
でしょうか。
S1-1 さて、それでは、上位の項目についてインタビューやアンケートなどを踏まえながら
考えていきたいと思います。
M2 しかし、趣味については去年の全体会「嗜好を思考する」で取り上げられたようです
ね。先輩、どんな内容だったんですか?
M1 いやーはっきりとは覚えてませんね・・・
M2 しっかりしてくださいよ。
音楽・テレビ・インターネットなどの趣味について、考察していったと聞きましたが。
M1  ああ、そうでした。趣味は生活に欠かせないものであって、さまざまなプラスの影響
を与えてくれるという内容でした。
M2 なるほど。今年の結果からも趣味にはみんなの関心が高いことがわかりますね。
S1-1 でも、それは去年やっているので、今年は控えておきましょう。
S1-2 まずは、「リア充」の狭い意味である、恋愛についてみていきます。
全国的には圧倒的に関心が高い恋愛。
どうして藤島はこんなに関心がないのか、恋愛について直接聞いてみました。
M2 いやー、インパクトの強いものもありましたね・・・
M1 それにしても、「付き合っている」という人も何人かいるんですね。
藤島では珍しいように思っていたんですが・・・
M1 藤高生の恋愛事情はどうなっているんでしょう?
S1-1 気になりますか?
皆さんも気になるかと思いますし、追求してみましょう。
S1-2 ということで、続いて学校祭期間中に行ったアンケート結果です。
まずは、単刀直入に「付き合ったことはありますか?」という質問。
結果はこちら!
M1 女子の方が多いんですね。
S1-1 次に、「あなたはどうやって告白した・もしくはされましたか?」という質問の結果です。
S1-1 ちなみに、「あなたはどうやって告白したほうがいいと思いますか?」という質問の
結果はこれ!
ここでもやはり直接が圧倒的に多いです。
「直接」を選んだ人の理由は、「思いが伝わりやすいから」が一番でした。
S1-2 先ほどのVTRで、恋人がいるから「リア充」である・恋人がいるけど「リア充」ではない
という2つの意見がありました。恋人がいるという現状だけに満足せず、よりよい生活
を目標にするという姿勢も必要だということを感じました。
S1-1 「リア充」は世間では恋愛しているという意味合いが強いですが、藤島の場合、
それほど関心が高くないようです。他にすることがたくさんあるからかもしれませんね。
これで私たちの報告を終わります。
M1 ありがとうございました。
では次に、「最も関心があること」のアンケートで多かった、部活などで充実している
人の話を聞いてみましょう。
M2 はたして本当にその道一本なのか。恋愛への関心の有無も気になりますねー。
ではプレゼンターの方、お願いします。
S2-1 プレゼンターの  と  です。「リア充」は恋愛だけがすべてではありません。
今回お話を伺ったのは、部活動や学校活動などで充実している方々です。
まずは、部活動で大変充実しているのではないかと思われる、野球部の方にお話を
伺います。野球部さ〜ん。
野球部AB はい。野球部の  と  です。
S2-1 では質問です。あなたは野球において「リア充」ですか?
野球部A はい。もちろんです。
S2-1 どうして野球を始めたの?
野球部A 兄に勧められ、やってみて楽しかったからです。
S2-2 それでは次の方。野球は充実しているでしょうからほかの質問を。
野球以外で充実していることは?
野球部B 本を読むことです。
S2-2 そのことの魅力は?
野球部  いろいろな本の世界に入ることができて、たくさんの感動を味わえることです。
S2-2 なるほど。ちなみに恋愛に興味は?
野球部A あると思います。
野球部B あると思います。
S2-2 じゃあ彼女は?
野球部A  います。
野球部B います。
S2-1 ご協力ありがとうございました。
S2-2 野球部のお二人は恋も部活も充実しているようですね。
S2-1 そうですね。
他の生徒にもステージでお話を伺いたいところですが、それは難しいので、直接聞い
てきました。ではVTRスタート!!
S2-2 自分が夢中になっている事や、主体的に考え行動することで得る日々の多忙さ
そして達成感。そういうことから私たちは「充実」を感じられるようです。
S2-1 たとえそれが結果に結びつかなくても、好きなことをしている間は楽しいものです。
S2-2 やはり充実するためには、自分が興味を持てることを見つけることが大事だと思い
ました。
S2-1 これで僕たちの報告を終わります。
M2 ありがとうございました。
M1 今までの話を聞くと、自分が好きなことを大事にしていくことが日々の充実に必要な
ようですね。
M2 では次に、第二部 「リア充」VS「非リア充」に行きたいと思います。  君たちお願
いします。
S3-1 はい。
ここからは  と  と  が報告したいと思います。
ではまず最初にアンケートの意外な結果についてお話します。
藤高生に、「あなたはリア充ですか?」という質問をしました。「リア充」と「非リア充」
どちらが多いと思いますか?
一度隣の人と話してみてください。
では、誰かに聞いてみましょう。(一般人に聞く)レポーターの  さん、よろしくお願い
します。
一般 (答える)
S3-2 ありがとうございました。では正解を見てみましょう。
なんと「リア充」だと思っている人とそうでない人の割合はほぼ半分!
どちらにも偏りませんでした。
僕たちの中でも、どちらかに偏るという考えの人がほとんどだったので驚きました。
M2 藤高生のリア充度は50%なんですね。
S3-1 ちょっと待ってください。これだけで判断してはいけません。
視点を少し変え、男女でこの質問を見てみると、
「リア充」であると答えた男子は44%、女子は67%だという結果になります。
M2 女子のほうが「リア充」が多い。これはどういうことでしょうか?
S3-2 あくまで、私の考えですが、男子は恋愛を重視し、女子は恋愛以外のことでも満足
感を得られるのではないでしょうか。友情を大事にしたりとか。
S3-1 男子のほうがネットを使うんじゃないですか?
S3-3 性別による特性や本能とかはどうでしょう?
M2  いろいろな意見が出ましたね。でもここには賛否両論ありそうです。「リア充」でない
人には不満なのでは?
S3-3    君の言う通りです。
これまでの報告ではどちらかというと「リア充」の人に焦点を当てていますが、「リア充」
でない人の意見を取り入れることも大切だと思いませんか?
M1  まあ、確かに。
S3-3  でしょう?ではそのことは  君たちに任せて、これで僕たちの報告を終わります。
S4-1    と  です。
ここからはいよいよ「リア充」と「リア充」でない人、つまり「非リア充」を比べていきたい
と思います。
まず、自分は「リア充だ」・「リア充でない」と答えたそれぞれの方々の心の叫びをご覧
ください。
M1  面白い回答もたくさんありましたね。
S4-1  しかし、映像を見てもわかるように、「非リア充」の人にも言い分はあるようです。
S4-2  ちなみに、7月のアンケートでの「非リア充」の人への「『リア充』になりたい・なりたく
ないのは何故ですか?」という質問では「非リア充」の方々のさまざまな回答がありま
した。
それをいくつかご紹介します。
まずは「なりたい人」の理由は、
・幸せになりたいから。
・楽しそうだから。
・青春を味わいたいから。
などがありました。
次に「なりたくない人」の理由は、
・「リア充」で満足したら自分の限界を感じてしまうから。
・「非リア充」への転落を味わいたくないから。
などがありました。
M1  今の報告を聞くと、「リア充」に憧れを持っている人もいるようですね。
M2  逆に厳しい意見・もっともらしい意見も多いですよ。
M1  「非リア充」の人はどこで何に充実しているのでしょうか?
S4-1  そのことについてですが、「リア充」以外にも「ネト充」や「二次充」という言葉があり
ます。そこで次に、インターネットの利用と「リア充」の関係を調べてみました。
M2  藤高生はどれだけインターネットを使っているのでしょうか?
インターネットといってもゲームをしたり、動画を見たりと用途は様々ですが。
S4-2  アンケートの結果、平日・休日ともに全く使っていないという人もいれば、休日に何
時間も使っているという人もいました。
S4-1  では、インターネット利用組は何のためにネットを使っているのでしょうか?
藤高生の約200人にネットで利用しているものを聞いてみました。
主な項目は、Twitter,モバゲー,You Tube,ニコニコ動画などです。
その結果はこちら!
 「複数回答あり」で聞いたところ、Youtube146人,ニコニコ動画58人、GREE35人,
mixi31人・・・といったような結果でした。
S4-2  動画を見る傾向が強いようですね。
一口に動画といっても様々なので、趣味のものや勉強のためのものを見たりしている
のでしょう。
S4-1  ここで、気になる「リア充」・「非リア充」とインターネットの関係ですが、
藤高生においては「リア充」・「非リア充」はどちらもインターネットを使っているようで、
「リア充」でない=インターネットを多く使用というのは一概には言えないようです。
M2  やはり、インターネットはなくてはならないものなんですかね。
S4-1  また、ここではインターネットに焦点を当てましたが、他の方法で「非リア充」を満喫
している人もいるようです。
S4−2  では最後にアンケートで聞いた「リア充」であること、「リア充」でないことの魅力に
ついてお話します。
S4−1  まずは「リア充」であることの魅力!
その1  日常生活・学校生活を楽しめる
その2  退屈でない
その3  自分のやらなくてはいけないことを実感できる
などがありました。
M2 「楽しさ」が魅力のようですね。やっぱり「リア充」の方がいいのかな?
S4−2  そう簡単に判断せずに。次に「非リア充」の魅力!
その1  日々探求し、自分を磨ける
その2  向上心を持てる
その3  忙しさに縛られず自由にできる
その4  ネットの世界に入り込める
などがありました。
M2  おっと、「非リア充」にも多くの利点がありますね〜
「非リア充」は自分自身の成長などに有効というふうに感じられますが。
S4−1  どうやら「リア充」・「非リア充」にはさまざまなメリット・デメリットがあるようです。
S4−2  「リア充」は毎日の生活が楽しくなるけれど、その一方で生活に満足しすぎて、その上
を望めないという可能性があります。
「非リア充」は束縛されることなく自分を磨くことができるけれど、周囲からの目が厳
しい・「リア充」への劣等感が生じるということがあります。
M1  どちらがいいんでしょうかね。
S4−1  ここで、アンケートから一つ気づいたことを言います。アンケートの回答には忙しいこ
とを「充実している」ととる人と、「束縛感」があると感じている人がいました。
S4−2  みなさんは今年の学校祭準備期間、充実していましたか?それとも忙しいだけでし
たか?
S4−1  ネット重視か、現実重視か。人の価値観も関わってくるのではないかと思います。
S4−2  これで私たちの報告を終わりますが、これはあくまで全体会としての考えです。
皆さんはどう感じましたか。
みんな感じ方や価値観は様々なので、それぞれの意見を伝え合って、深めることが
できると幸いです。
M2  ありがとうございました。
M1  これまでの報告で、生徒については多くのことがわかりました。
ではここで、大人の意見も聞いてみたいと思います。
ということで、第三部 藤島高校の「リア充」たち(先生編)に入ります。
  君お願いします。
S5  ハイ、今からは僕が報告したいと思います。
全体会では、日々僕たちを指導して下さっている先生方にお話を伺いました。
ではVTRどうぞ。
M1  「『不満』でもいいから 〜したい という気持ちを持ち続ける」ですか。
これは「リア充」の人にとっては自らの生活に満足しきってしまわないようにするため
の一つの方法になりそうですね。
M2  逆に「リア充」でない人にとって、「リア充」を目指すためによいアドバイスになるよう
な気がします。
M1  要するに、常に自分の生活に対して、「もっと上を目指したい」と貪欲になるのがよい
ということですかね。
S5  でも、ただ貪欲になれば良いというわけではありませんよ。
南部先生のお話にもありましたが、生活を充実させるためだからといって、他人に嫌
な思いをさせてしまっていては『真』の充実とは言えません。
南部先生の言葉を借りれば、「利己的」ではなく「利他的」に!
他人を楽しませているとき、自分もなんだか楽しくなることってありますよね?
M2  ああ、確かに。
自分の行いを省みないといけませんね。
M1  それにしても、先生方の「リア充」への考え方も様々でしたね。
S5  ええ。そうですね。
先ほど  君が言っていましたが、やはり「リア充」には物事の判断基準、つまり
「価値観」が大きく関わっているんですよ!
M1  なるほど・・・
S5  リア充になりたくない・・・という人もいらっしゃいますが、この発表で「リア充」の魅力
もよくわかってくれたと思います。逆に「リア充」のみなさん、「非リア充」の人たちの
考えが分かりましたか?
現実世界を充実させるには!!
@ 自分の好きなことを見つけ、それを探求していく
A 現在の自分に満足しきらず、高みを目指す
B 他人を「充実」させることができるよう心がける
C 相手の考えを理解し、尊重する
といったことを意識して生活することが大切です。
これで僕の報告を終わります。
M1  ありがとうございました。
M2  「相手の考えを理解する」のは何においても大事ですよね。
そういえば、先ほどVTRで「『リア充』は爆発しろ」と言っている人がいましたが、相手
を批判するのではなく、互いに認め合うことが大切ではないでしょうか。
M1  これまで、「リア充」というテーマで報告をしてきましたが、いかがでしたか?
 私は先日、山岳部のインターハイに参加して、東北の高校生と少し震災について話を
しました。港が津波の被害で使えなくなってしまったことや出場できない学校、福島県
の原子力発電所付近の避難状況などリアルな経験を聞きました。
それでも私が会った高校生たちはよく笑い、大会を楽しんでいました。
 彼らは「充実」などとは考えられない状況だったと思います。しかし、震災の悲しさを
乗り越えて、前に進もうとしているように感じられました。
M2  今までの報告からも分かるように、「充実」の条件は人によって変わってきます。
 今の委員長の話の中の被災した高校生たちにとっては、きっと以前の生活をすること
が「充実」の条件の一つなのではないでしょうか。
 テーマと矛盾してしまいますが、毎日が満ち足りたものであれば、それが三次元で
なくても、何によるものであっても構わないのではないかと思います。
M1  自分の人生は自分で決めることができます。
充実した生活にするか・しないか・・・ すべては個人の考え方次第です。
M2  せっかくの高校生活、自分と違う考えや趣味をお持ちの方は溢れるほどいます。
1年生はこれからの高校生活、2年生は折り返し、3年生はあと少し!その中で
より充実した生活を送るために、本日の発表が役に立っていただければ幸いです。
M1  この全体会がみなさんの充実につながると信じて・・・
これにて全体会2011は閉幕です。ご清聴ー(全員起立)
全員 ありがとうございました。