★音楽班★ 

次は藤高生の個性的な性格が最もよく表れた音楽について発表します。

まず藤高生の好きなアーティストランキングです。

第3位は・・・いきものがかりとレミオロメンです。

第2位は・・・EXILEです。

そして第1位は・・・今話題の嵐です。

嵐が好きな理由にはメンバーそれぞれが個性的であっていいことや歌詞がいいことなどがありました。

傾向・特徴として、藤高生100人にアンケートをとった結果あまり意見が一致せず、たくさんのアーティスト名が出てきたので驚きました。

まさに個性のある藤高生の象徴ですね。

また歌詞・メロディーがいいからという意見も多数ありました。

中にはそのアーティストが好きな理由を熱く、深く語ってくれた方々もいました。

ジャンルとして多かったものはグラフのようにJ-POPとJ-ROCKです。

それぞれJ-ROCKアーティストは26人、J-POPアーティストは24人選ばれていました。

他には洋楽が3人、R&Bソウルが1人、ヒップホップが2人、演歌1人、アニメ1人選ばれていました。

次に10年前の私たちの年代に人気のあった音楽のジャンルについてです。

まず最も人気があったのはJ-POPです。

現在では幅広い年齢層で人気があります。

グラフからもわかるようにダントツの1位ですね。

2番目に人気があったのは洋楽Popsです。

現在でいうとアヴリル・ラヴィーンやマドンナ、他界してからも人気は止まらないマイケル・ジャクソンなどが有名ですね。

洋楽でも邦楽でもPopsが最も人気があったようです。

3番目以下は順にJ-POPの懐メロ、洋楽ロック、ヒップホップ、クラシック、ジャズ・フュージョン、ワールドミュージック、演歌・民謡です。

それではなぜ邦楽と洋楽は年々人気が高まっていくのでしょうか。

邦楽と洋楽のよさはなんでしょうか。

まず邦楽のよさは、やはり「歌詞」です。

アンケートの結果からもわかるように「歌詞がよい」という声がよく聞かれました。

邦楽は歌詞が母国語であるためその歌にこめられた思いがストレートに伝わってきてさらにその思いに共感できるというのが最大のよさなのでしょう。

そして洋楽のよさは、邦楽とは一味違うリズム感とノリがあることです。

また言葉の意味がわからなくても、声を楽器としてとらえて、歌詞に関係なく聞く人が多いようです。

邦楽の最大のよさである「歌詞」が洋楽では楽器の一部となっているとは驚きですね。

このように音楽には一言では言えない特徴があったり、歌詞だけで思いを伝えようとしているのではなくメロディーと一体化してわたしたちのなかに自然に入り込んできていることがわかりました。

これからも音楽はわたしたちの生活の一部としてさらに新しいものへと変化していくことと思います。

以上が音楽についてです。

戻る