川崎先生より     

昨年に引き続き、今年も全体会の担当をすることになりました。

毎年、全体会の議論を横で聞いていて、改めて気づかされることが多く、
本校の生徒諸君の底力に驚かされるわけなのですが、
今年は特に自分にとって興味のある「仮想現実」の話ですので、
どんなことが話題になるのかとわくわくしています。

今年は昨年とは少々調査方法や発表方法を変えているようですから、
その辺りも楽しみです(不安もありますが…(^_^;)。

私は藤高出身でして、学生時代にも全体会に参加した記憶がありますが、
今と比べて設備も少なく、発表する側もいろいろと苦労していたようでした。
今はコンピュータやビデオ、時には寸劇まで交えながら、「見せる努力」を行っています。
その技術レベルはここ数年でかなり向上しました。
しかし、すでにその技術も当たり前のものになりつつあります。

やはり大切なのは、内容をきちんと深めていくことができるかどうかです。
全体会委員の諸君一人一人が思索を深め、
論理的で刺激に満ちた発表を行ってくれることを期待しています。