平成17年度修学旅行


 今年度の修学旅行は、10月17日(月)〜20日(木)の日程で、沖縄において実施されました。本年度は、行き先を沖縄に変えて、初めて実施される修学旅行であり、心配された面もありましたが、天候にも恵まれ、無事に実施することができました。その模様をスナップをもとにご紹介します。
第1日目の様子
緊張の搭乗手続きです。 いよいよ沖縄へ向けて旅立ちです。 無事到着。荷物を受け取ります。
これからの行程の説明を、ガイドさんから聞きます。 首里城にはこのような門が5つあります。 守礼門を通って本殿へ向かいます。
首里城は、初日最大の見所です。 夕食も中華風です。

修学旅行第1日目、早朝に福井をバスで出発した我々は、大阪から飛行機に乗りかえ、沖縄へと到着しました。初日一番の見所は首里城でした。写真などでは、何度か見たことがありましたが、実際に自分の目でみると、いよいよ沖縄へ来たという実感が湧いてきました。

第2日目の様子
私たちの宿泊した、かりゆしビーチリゾート恩納は豪華なリゾ−トホテルです。 マングロ−ブの森を見学しました。 橋の上から説明を聞きます。
マングロ−ブの森です。 沖縄の海はうわさ通りの美しさです。 マリンスポーツを満喫しました。
シーカヤックに挑戦です。 ドラゴンボートはスリル満点です。 グラスボートで海中観察をしました。
夜は、交流会が開かれました。実行委員のみなさんご苦労様でした。 交流会の担任の似顔絵コンテストの様子です。

2日目は、班別研修でした。各班ごとにタクシーに乗り、さとうきび収穫や、マリンスポーツ、伝統芸能などのメニューを体験しました。夜は、ホテルで交流会が開かれ、コンサートを楽しむなど楽しい時間をすごしました。天気にも恵まれ、大満足の一日でした。

第3日目の様子
平和祈念公園を訪れました。 福井県の碑。福井県の戦死者の方がまつられています。 平和の噴水の前です。
資料館には戦争に関する資料が数多く展示されていました。 平和祈念公園は、世界の恒久平和を願い、沖縄の歴史と風土の中で培われた「平和のこころ」伝えています。 元ひめゆり学徒隊の方から戦争体験の講話をうかがいました。
ガマを見学しました。中は真っ暗でとても怖かったです。 琉球うどい(踊り)を見学しました。 藤高生も一緒に舞台に上がって踊りました。
ステーキハウスでは、シェフの方が見事な手さばきで、ステーキを料理してくれました。 ディナークルーズは豪華な食事とギターの生演奏つきです。

3日目は、ひめゆりの塔と平和祈念公園を訪れ、平和学習を行いました。元ひめゆり学徒隊の宮良るり氏から伺ったお話は残酷で、平和の大切さや戦争の悲惨さを実感しました。夜は、琉球うどい(踊り)を見学したり、フェリーに乗りこみディナークルーズを楽しみました。沖縄では、いたるところで音楽を楽しむ機会があります。沖縄の音楽は陽気で、私たちを幸せな気分にさせてくれます。

第4日目の様子
国際通り。数多くの土産店やショップがならんでいる。 こちらは、牧志公設市場。 見たこともない食材があったりする。ほんとうにたべるんだろうか。
魚介類も色鮮やかだ。 みんな両手におみやげを一杯かかえて帰ってきました。 那覇空港に到着しました。名残惜しいなあ
沖縄ともいよいよお別れです。 翼の向こうに沖縄半島が見えます。あっという間の修学旅行でしたが、思い出はたくさんできました。 いよいよ最終日。国際通りを訪れ、おみやげを探し回りました。国際通りは数多くのお店が軒をならべ、食料品やアクセサリー、アメリカの雑貨も数多くみかけました。集合時間にはみんな両手におみやげを抱えて戻ってきました。あっという間の修学旅行でしたが、貴重な体験をたくさんすることができました。

藤高NEWSに戻る    藤島高校ホームページに戻る