平成15年度卒業式



2004年3月2日、好天のもとで「第55回 卒業証書授与式」が行われました。

なお、 動画はこちらからご覧になれます。

昨年の卒業式はこちら
卒業式の前日の様子です。
在校生諸君が会場準備をする中、当日の段取りを打ち合わるため、卒業生代表が集まりました。
各クラス代表の生徒諸君にも招集がかかりました。卒業式の日は、大学入試のために全国に散っていた仲間が集まる日でもあります。 在校生諸君は、準備の後、予行を行いました。特に合唱の練習は念入りに行いました。
卒業式当日です。会場装飾から歌の準備まで、すべて万全に整いました。 入場を待つ卒業生と担任の先生です。まだ進路が決まっていない諸君が多いので、不安もあるのでしょうが、今日は笑顔です。 今年も吹奏楽部、弦楽部、合唱部が協力して、美しい演奏を聴かせてくれました。卒業式には欠かせない存在です。
卒業証書の授与は、クラスごとに行います。全員の名前がクラス担任によって読み上げられた後、代表者が証書を受け取ります。 田中校長は証書を手渡す際、一人一人に声をかけていらっしゃいました。それに応える生徒諸君の笑顔が印象に残ります。 3年担任団の先生方は感無量の表情でした。教え子たちの成長した姿を胸に刻んでいるようでした。
田中校長は「5H1W」(いわゆる5W1Hではありません)という言葉を卒業生に贈り、これらが今後大切になるとおっしゃりました。

5HとはHealth(健康)、Head(知識・知力)、Hand(技能・技術)、Heart(心)、Human relation(人間関係処理能力)のこと、1WとはWork(努力)のことです。

田中校長の言葉に聞き入る卒業生諸君です。どうか今以上に自分を伸ばして、社会で活躍してもらいたいものです。
在校生代表の後期生徒会長・玉木くんの送辞では、卒業生諸君との思い出が熱く語られました。特に体育祭で卒業生諸君が、ライバル同士で助け合ったというエピソードには共感させられました。

卒業生答辞を読み上げる小澤くん。自身の部活動での体験を交え、藤島高校で人間的に成長できたということを率直に語ってくれました。感動的な答辞だったと思います。 卒業記念品の目録を読み上げる卒業生代表の津田さん。今年は放送用のPAアンプとスピーカーを贈っていただきました。学校祭などで大いに活用させていただきます!
在校生代表の中村くんから、卒業生代表の松田くんに、卒業記念品の目録が手渡されました。記念品は印鑑です。  「仰げば尊し」の斉唱。万感の思いを込めて歌い上げました。  3年担任の先生方の目には涙が…。
 藤島高校校歌は、一転して晴れ晴れとさわやかに歌い上げました。時には思い出して歌って下さい! 毎年恒例の、在校生から歌のプレゼント。今年は森山直太朗の「さくら」を歌いました。指揮は2年の加畑さんです。 実はこの「さくら」は、本校を平成5年度に卒業した中村太智さんが編曲なさったということです。
オーケストラの「蛍の光」と、全員の拍手に送られて、卒業生諸君が退場しました。 田中校長はじめ、教職員も拍手で見送りました。 涙をこらえきれない諸君も多かったようです。藤島高校での思い出を胸に、今後の人生を豊かなものにして下さい!
卒業式・式次第
  1. 開式の辞
  2. 国歌斉唱
  3. 卒業証書授与
  4. 学校長式辞
  5. 励ましのことば
  6. 来賓紹介・祝電披露
  7. 在校生送辞
  8. 卒業生答辞
  9. 記念品贈呈
  10. 「仰げば尊し」斉唱
  11. 校歌斉唱
  12. 閉式の辞

  「さくら」斉唱

卒業証書受領者代表

1組 朝日 亮輔
2組 田畑 俊介
3組 北島 三津子
4組 竹原 踊子
5組 茂原 彩子
6組 茂原 明子
7組 松原 幸恵
8組 松田  剛
9組 嶋田 剛久
10組 小林 宏朗
在校生送辞 玉木 啓介

卒業生答辞 小澤  聡

卒業記念品
 卒業生記念品贈呈
   贈呈代表  津田 智子

 在校生記念品贈呈
   贈呈代表  中村 桂樹
   受領代表  松田 了映 

藤高NEWSに戻る