平成18年度 大学との連携(研究者招聘講座) 

どの講座も最先端の研究内容で、多くの生徒が意欲的な姿勢で取り組みました。

(平成18年9月〜平成19年3月)

化学分野

英語で学ぶ化学

「英語で学ぶ化学」(12月11・18日実施)

経済学分野

経済学への招待

「経済学への招待」(12月9・16・23日実施)

生物分野

基礎化学実験

「動物解剖学実習」(19年2月17日実施)

数学分野

数学を体験しよう

「数学を体験しよう」(12月9・16・23日実施)

英語で学ぶ幾何学

「英語で学ぶ幾何学」(19年1月15・26日実施)

サイエンス・ダイアログ

サイエンス・ダイアログは、日本学術振興会(JSPS)のフェローシップ制度により来日している優秀な外国人若手研究者が、各地の高等学校を訪れ、現在取り組んでいる研究に関してレクチャーを行う制度です。今年度は、この制度を利用して2回の講演を実施しました。

生物分野

サイエンスダイアログ1

「神経障害性の遺伝子治療を目指した非ウイルスベクターの創設」(19年1月23日実施)

地学分野

「耐震設計における許容残留変形評価と高機能材料利用による残留変形提言」(19年2月23日実施)