平成25年度事業報告2 Fujishima Senior High School SSH

 

 

 

8/1~12/1に行われた取組を紹介します。(12/1以降については予定です) 

 1年生『研究基礎』  後期課題研究

昨年度同様,学校設定科目「研究基礎」の後半に,「課題研究」の取組を行いました。

今年度は18分野(理系7分野,文系11分野)を設定し,さらに興味・関心に応じてグループに分かれて研究を進めました。

 研究基礎後期テキスト(文系)
 
研究基礎後期テキスト (理系)

 1年生『研究基礎』  課題研究学習発表会 (予定)

課題研究の途中経過を発表することで,それまでの研究を振り返り,来年の研究に備えることを目的に,平成26年2月20日に学習発表会を実施する予定です。お互いの研究について知り,質問をしあうことで,今後の研究課題を明らかにし,来年に向けの取り組みです。

 生徒の声

 

 

 2年生「研究S」,「研究A」,「研究B」  課題研究発表会(予定)

日時:平成25年12月16日(月)13時10分~15時55分


会場: 口頭発表   :2年教室・物理実験室・講義室・多目的室・視聴覚室・プラタナスホール
     ポスター発表 :第1体育館

参加者:本校運営指導委員,県内大学,SSH指定校および県内小・中・高校・特別支援学校の教員,本校教員および生徒(1,2年生680名)


中間経過報告会(研究S・Bは7月,研究Aは10月)以降の研究内容を,「研究S」12グループが16会場に分かれて口頭発表し,「研究S」,「研究A」,「研究B」の109グループがポスターで発表します。

「研究S」選択者による口頭発表は,16会場に分かれ,1年生と2年生「研究A」,「研究B」選択者が聞き手として参加します。


例年,ポスター発表会場の第1体育館では,多くのポスターの前で活発なやりとりが見られます。



生徒の声

(写真)

 

 

 

 


  サイエンスダイアログ(平成25年9月27日実施)

参加生徒: 1,2学年13名 
講座名:  Geology, metamorphism and metamorphic rocks: Why to study?
講 師:  Rustam Talapkerovich Orozbaev 博士 (キルギス)京都大学
講座内容 変成作用の温度・圧力の条件は岩石の中にある鉱物を調べることで推定できることが説明されました。2種類の鉱物が,1つの岩石の中に存在する場合は,変成作用の条件に関する変化を推定できるということを,実際に博士が採掘された岩石を見せながら説明されました。

 

 

 


  サイエンスダイアログ(平成25年11月22日実施)

参加生徒: 1,2学年16名 
講座名:  Animal behavior in seabirds
講 師:  Martina Samin Muller博士 (スイス)名古屋大学
講座内容 博士が研究されてきた様々な種類の「水鳥」についての説明の後,博士が実際フィールドワークによって立証してきた事柄,例えば「特定ホルモンの量とその個体の攻撃性」との関連性などについての説明がなされましたた。その後,研究者として研究者になっていくことの魅力を語っていただきました。

 

サイエンスダイアログは今年度あと2回実施します。

福井県合同課題研究発表会(平成26年2月実施予定)

例年授業やクラブ活動の中で課題研究に取り組んでいる県内の高等学校の生徒が,今年度の研究の成果を多くの生徒の前で発表する機会を通して,生徒のプレゼンテー ション能力を高めるとともに,生徒同士が意見交換や情報交換するなどの交流を通して,さらなるコミュニケーション能力の向上を図ることを目的に,AOSSA(県民ホール)にて行われます。本校からも口頭発表・ポスター発表に参加の予定です。

(写真)

 

SSH海外研修(アメリカ)(平成26年3月12日~20日:7泊9日 実施予定)

本校SSH事業の中に,英語を用いた科学教育があります。その研修の一環として,今年度も下記のような日程でアメリカ研修を行います。今年度はFukui Magnet Schoolに参加している生徒を含む予定です。この研修のねらいは,現地の高校・大学・研究施設・博物館等を訪問し,アメリカの最先端の技術に触れながら,国際社会における科学技術の意義を理解することにあります。
《参加者》  2年生40名(予定)  基礎枠20名 重点枠20名 (男子  名,女子  名)引率教員4名

月日

時間

行程表

訪問地

3月12日(水)

貸切バスにて中部国際空港へ
デルタ航空でデトロイトへ
[国際日付変更線通過]

デトロイト着
デルタ航空でワシントンへ

ワシントン到着
ホテル着 レストランにて夕食

ワシントン

3月13日(木)

ゴダード宇宙飛行センター研修
日本大使館訪問

ワシントン

3月14日(金)

トマスジェファーソン高校 または 
モンゴメリー・ブレア高校 訪問

ワシントン

3月15日(土)

スミソニアン博物館群見学
市内観光 

ワシントン

3月16日(日)

ワシントンからニューヨークへ移動 

ワシントン
ニューヨーク

 3月17日(月) ブルックヘブン国立研究所研修 

 ニューヨーク
 3月18日(火) コロンビア大学研修
市内観光
 ニューヨーク

3月19日(水)
3月20日(木)

ダレス空港到着
デルタ航空でデトロイトへ
デトロイト発中部国際空港へ
【国際日付変更線通過】
中部国際空港到着
貸切バスにて学校へ
学校到着

機中泊

 

 

 (写真)

 

 


 平成25年度事業報告1へ