Fukui Magnet School For Science and Technology






「Fukui Magnet School For Science and Technology」の年間活動報告

            Basicコース             Advanceコース            

 ◎Basicコース・・・中学校から高等学校につながる理数教育

 中学・高校連携講座
 理数系の科目で中学校と高等学校の連携講座を開講しました。内容は中学や高校で学ぶ内容を少し発展させたもので、講座は高等学校・大学の教員が担当し,実験・実習を中心に授業を進めました。
 開校式

 ベーシックコース・アドバンスコースともに集まり、年間スケジュールの確認をしました。
 開校式

 昨年度の課題研究発表を聞きました。自分たちが参加するマグネットスクールのイメージが湧きました。
 ◎ラットの解剖
        実習 →


 生命の巧妙さと不思議を実感し、生命尊重の精神を学びました。
 ◎放射線の基礎と応用 →

 自然放射線の観察や計測,各分野における利用から放射線を科学的に理解しました。

 ←◎原子・分子
     の世界入門


 結晶格子のモデルを使って金属の結晶の原子のつまり方を実感しました。
 ←◎DNAの抽出実験

 DNAを身近にある材料から抽出,精製し,構造・機能・性質について理解しました。
 ◎しきつめと裁ち合わせ
          の幾何 →


 平面図形のしきつめや
裁ち合わせなどの具体的な
活動から試みました。
 ◎浮沈子と浮力 →

 浮沈子の動きを観察しました。次に深い容器中を予測し,その結果と実験結果を比べました。
 ←◎原子・分子の
        世界入門


 アボガドロ数を実際に測定し,
その膨大さから分子の大きさ
を実感しました。
 ← メンター会議

今年から始まるFMSの計画を、中高大の先生方が集まり、意見交換をしました。

サイエンスキャンプイン敦賀

 8月3日〜4日に福井大学附属国際原子力工学研究所を会場に,実験・実習を中心とした体験合宿の研修を行いました。研究所にある様々な装置を使って,放射性カリウムの検出方法を学びました。実験装置によって,感度や見え方が異なることを知るとともに,実験の楽しさ,装置の概要,検出の原理など実感し,科学への興味が深まりました。
 最後には2日間で学んだことをグループでまとめ、発表をしました。

屋久島・種子島・桜島巡検

 8月14日〜17日に屋久島・種子島・桜島を訪問しました。屋久島の大自然(植物の垂直分布)や桜島の植物遷移を学びました。特に桜島では噴煙を上げた瞬間を目の当たりにし、音や振動の大きさに驚きました。また,種子島では宇宙開発の最前線の研究に触れることが出来ました。。



◎Advanceコース・・・高等学校から大学につながる理数教育

高校・大学連携講座
 
 理数系科目において高等学校と大学の学習内容のスムーズな接続を意識させた連携講座を開講しました。講座は,大学及び高等学校の教員が担当し,講義を中心に授業を行い、その領域の実験・実習も体験しました。
 ←◎原子から素粒子
         の世界へ

 放射線の発見の歴史から,
量子力学と相対性理論につ
いて学びました。
 ←◎生体分子の
       世界入門


 目に見えないタンパク質を
蛍光物質で可視化する原理
と利用について学びました。
 ◎再生医療と工化学
          の接点 →

 再生医療に用いられる医療
材料について講義と幹細胞
を使った実習を行いました。
 ◎行列と一次変換 →

 立体万華鏡を行列を用いて
表現しました。また、プログラム上で立体万華鏡を作りました。
 ←◎大学での基礎
     物理実験の体験

 物理基礎実験の方法,目
的,考察方法の講義を受け
ました。実験観察を行い、グ
ループ発表にまとめました。
 ←◎電磁波の種類と
          その性質

 電磁波の基礎と特徴についての授業(波動方程式など)と電波・紫外線の演示実験を通じて電磁波の性質を学びました。


岐阜・岡崎研修

 8月7日〜8日に岐阜・岡崎施設見学を行いました。カミオカンデ、カムランドでは大学研究者による素粒子についての講義の後、地下にある素粒子物理学の最先端の施設を見学しました。また、自然科学研究機構では研究材料として使用されている様々なメダカを紹介していただきました。

平成25年度SSH事業報告1に戻る