甲子園への助っ人登場! ( 03.11.27 )

 11月半ば頃、わが校の野球部に思わぬ幸運が訪れた。野球部に新しいピッチングマシーンが導入されたのだ。これは最高時速150km、推定価格120万円という野球部待望のマシーンで、夏の大会の活躍を見た人が寄付してくださったそうだ。顧問の高村知希先生は、「みなさんの御好意で環境も整備されたし、打撃力アップで夢は甲子園!」とガッツポーズを決めながら強い意気込みをあらわした。また、キャプテンの藤田和也君(2-4)は、「前のやつはスピードやコントロールに不安があったけれど、今回のはキレもあって完璧です」とコメントし、「甲子園への夢は叶えられそうか」という質問に対し、「甲子園は夢というよりももう現実です」と熱く語り、我々の期待を高めさせてくれた。冬の寂しさが増したグラウンドに映える、淡い光を放つ緑色のボディは、新たな旋風を巻き起こすであろう。