遂にデザイン決定!!新・新嶺会館 ( 04.09.12 )

 改築後の新嶺会館(新・新嶺会館)の詳細が ついに判明した。今回のデザインは建設会社の開発コンペで最優秀作に選ばれたもので、若干の変更の可能性はあるがほぼ決定したといってもいいだろう。写真を見てのとおりの4階建てで、ひとつなぎの窓と4つの入り口が開放的な空間を演出している。さらに外の地面にはコートが敷かれ、晴れの日には屋外でも気分よく食事ができるようになった。
 内装に目を向けてみると1階には座席数が130から240に大幅アップした食堂が備わっており、それに応じて厨房も大きくなったのでますますおいしい学食が期待できそうだ。2階には、学生に便利な「自習室」が完備。これは図書館の自習スペースを広くした感じのもので、しかも座席が約210席もあるので座れない心配はまったくない。勉強以外にも様々な用途で使えそうだ。そして3階にはおなじみの講義室に加え、なんとギャラリーが増える。いったい何が飾られるのか、興味をそそられるところだ。最後に最上階には、史上最大規模の空間、ふれあいホールが設けられるそうだ。これはいわゆる多目的ホールで、講義室や部活動など様々な用途で使用が可能だ。最大のウリはその広さで、なんと1学年の学年集会が行えるほどである。また「普段の学校と異なる新たな出会いの空間」を目指して設計されるそうで、卒業生の方々などに広く開放されていく見込みだ。
 そして学校祭終了後には、この案を含めた多くの優秀作が生徒玄関に展示される予定だ。これも楽しみに待っていてほしい。
 この工事で多くの新しい施設が導入され、藤島高校における私達の生活はより便利になるだろう。この先訪れる新・新嶺会館での生活に期待を膨らませるばかりだ。