「形ではなく中身を」 〜第1回ディベート顧問インタビュー〜 ( 05.02.09 )

 我々新聞部では、第1回のディベート大会で顧問をされた今川先生に電話取材を行った。
 今川先生は、「藤島高校は将来日本を支える人材を育てる場所で、そういう人材には勉強だけでなく、社会に出て日本を支える資質を育ててほしい」とおっしゃり、この願いから、ディベートが始まったと教えてくださった。
 ディベート大会を実施して良かったと思ったことは、「ディベートにはあらゆる要素が含まれていて、ディベートは多面的・多角的な見方を養うことができ、協調性など普段の勉強だけでは得られないものが得られた」ということ。また、当時も「ディベートに対して冷めている生徒もいたが、多くの生徒が様々な論議を真剣にしていて熱かった。先生は関与せずに生徒が自分たちで主体的にやっていたのが素晴らしかった」とのことだ。
 「現在もディベートという形式は残っていても、中身がなくなっているのではないか。ぜひ中身のあるディベートを」と私たちへのメッセージもくださった。