初々しい新入生 ( 04.03.19 )

 草木が萌え始める季節になり、今年度も380名の新入生がこの藤島高校へとやってきた。今年度から、学区制及び学校群制度が廃止になり、旧第1学区外からの生徒の姿もうかがえた。新たな地へと踏み込む1年生たちの表情からは、興味・希望・不安など様々な思いが読みとれた。
 新聞部が独自にインタビューを行った結果(新入生45人対象、男19人・女26人)、自己選択の範囲が広がったこともあり、将来の目標や自分の意見をしっかりと持つ人が多かったように思われる。新たにスタートラインを切った新入生と在校生・教職員の間には互いに期待感が生まれた。