バレンタイン特講、チョコケーキ作り ( 04.01.28 )

 1月28日、家庭科調理室で家庭クラブ委員会主催によるチョコレートケーキの製作が行われた。
 参加しているのは女子だけかと思われたが、一部男子も参加しており、なかなかの盛況ぶりだった。参加者に今回の企画に参加した理由および感想を尋ねてみたところ、理由は、「楽しそうだった」「ケーキを食べたかった」「料理がうまくなりそうだから 」「女の子の気持ちを分かるため」などの答えが返ってきた。楽しいというのが共通した感想であったが、中には、「簡単で時間がかからなかった 」「なんとかなるもんだなぁ」「これからの男は料理等の家事も出来なくてはならない、女性の社会進出をうながしそうだ」といったものもあった。
 焼きあがったケーキに粉砂糖が振り掛けられ、ラッピングが施されると見た目も楽しめるものとなった。和気あいあいとした雰囲気の調理室には、甘い香りが漂い何かを自分の手で作る喜びを感じさせてくれるようだった。