見回り大走査線 ( 03.10.02 )

 「生徒の通学での安全を守ろう」という意識のもと、今、藤島高校の先生方による夜の見回りが実施されている。目的は不審者対策と安全に下校しているかの指導である。巡回のコースは全部で3コース。先生方が2人ずつ、田原町など生徒たちがよく通るところを見回っている。「効き目は分からない。でも、生徒たちの安全が守られるなら、やったほうがいい」と語るのは、生徒指導部長の谷口善生先生。しかし、こうした先生方の努力にも関わらず、自転車の無灯火という状況は改善されていないようだ。先生は、「犯罪や事故の防止のためには、街灯の点灯など、地域ぐるみでの行動も必要だが、やはり生徒一人一人の自覚が、その抑止につながる」と、おっしゃっていた。この見回りは、今後も続く予定だ。