新たなる改革、新生徒会誕生 ( 03.09.19 )

 9月19日、LHの時間に生徒会役員選挙の立会演説会が行われ、立候補者4人それぞれの熱弁が繰り広げられた。
 校則や学校運営の不備な点を指摘し、それを改善することを公約とした候補者が多かったが、中には自販機の増設や休み時間の延長など、生徒の切実な願望を叶えようとする公約もあった。
 しかし、問題点もいくつか見られた。まず、演説中、候補者に向け声を投げかけるなどの応援が為されたが、生徒の間でこれに対する評判が悪かった。その他、一人ひとりの公約が多く、また実現への課題が多いものも見られ、企画倒れに終わってしまわないかと心配する声も聞かれた。
 今回、各役員とも候補者は一人で、選挙は信任投票となった。投票はその日中に行われ、全員が信任された。
 これから、新生生徒会の皆さんにはぜひとも頑張っていただきたい。