轟け!藤島コーラス ( 05.04.29 )

 去る3月30日(水)、本校合唱部が初の試みである第一回の定期演奏会を開催した。およそ、1時間30分にわたって会場の人々を楽しませてくれた。
 第一部では、厳かな雰囲気の中、「ほたるこい」や「きこえてくる」など4曲を熱唱。その澄んだ歌声に、曲が終わるごとに惜しみない拍手が送られた。
 第二部では、曲調を少し変え、『愛』をテーマにした「Best Friend」や「Sign」などのポップスを熱唱した。また、曲ごとにちょっとしたパフォーマンスがあった。例えば「Sign」の時には、ドラマ「オレンジデイズ」にちなんで巨大なオレンジの作り物とともに登場するなど、終始観る側の人々を楽しませる内容となっていた。
 また、第一部と第二部の間に、伴奏者でもある1年の唐川さんによる独奏もあり、合唱とは一味違った雰囲気を演出していた。
 終了後、合唱部部長の藤井さんにインタビューを行った。まず、率直な感想を聞いてみたところ「達成感でいっぱいです。もうちょっと練習したかったけど、とにかくお客さんにも楽しんでもらえてよかった」とコメント。また「人数不足が問題でした。あとは、曲の込められた思いを如何にして伝えるかということも苦労しましたね」と振り返っていた。次に、後輩へは「定演への練習で確実に上達しています。自信を持って、そして明るくね!」とエールを送り、新1年生に対しては「明るい・楽しい・そして先輩が面白く、入って損はないです」と締めくくった。
 これからの活動が注目される発表となったことだろう。