リフレッシュ工事の様子
8/11 二号館の内装の取り壊しが始まりました
 ついに二号館の内装の取り壊しが始まりました。
 機械やハンマーで情け容赦なく壊されていく教室の様子を見ていると何だか複雑な気分になってきますね。(K)
工事開始直後の旧職員室前です。このようにパワーショベルでがんがん解体していきます。瓦礫の山となった職員室です。
角度を変えて撮影した職員室。
壁や天井が完全にはがされているのが分かります。
こちらは生徒会室と生徒指導部。
間の壁が壊されて、廊下との仕切りも取り払われています。
瓦礫はこのようにしてまとめて捨てられます。
8/3 引っ越しが完了しました
 夏休みの課外期間を利用して、校内の引っ越し作業を行ってきましたが、ようやく完了しました。
 教務部と進路部の半分は一号館に、進路部の残り半分は図書館一階に、生徒指導部は三号館に移動し、その他の先生方も校内の各所に引っ越しました。また、今まで一号館で学んでいた一年生は、主に三号館の北側に作られたプレハブ校舎に移動し、生徒玄関も三カ所に分散しました。本校にお見えになるOBの方は少々戸惑われるかもしれませんね。
 移動作業後の校内各所の様子を撮影してみましたので、ご覧下さい。(K)
職員室前の廊下です。
時間割黒板が撤去される時には、その裏から十数年分は堆積したと思われる埃が出てきました。(汚い話ですみません)
職員室です。あれだけ雑然としていた部屋が、ここまでがらんとした感じになるのは妙なものです。生徒玄関です。下駄箱を取り払ってみると案外狭いものですね。
教室です。今年は一年生が使っていましたが、昨年までは三年生の教室でした。どのように生まれ変わるのでしょうか。新しい生徒玄関の一つです。二号館と三号館の間の渡り廊下を改造しました。渡り廊下に生徒玄関を作った結果、このように中庭を通って下校する生徒もいるわけです。
二号館と三号館の間の渡り廊下の二階部分です。物置になってしまいました(^_^;)。新しい職員室です。一号館の一階で、昨年まで講義室として使用していた場所です。 長屋です。
長屋については、別に特集記事を作りました。
クリックして下さい

「教員の部屋」に戻る