H24藤島高校PTA講演会


 平成24年7月21日(土)、藤島高校プラタナスホールにて、PTA講演会が行われました。本年度は東京大学社会科学研究所 玄田有史教授を講師に迎え、「希望学」と題してご講演をいただきました。
 今、東京大学社会科学研究所では「希望学プロジェクト」という研究が進められており、「希望学福井調査」を福井県と共同で進めています。その「希望学プロジェクト」の研究代表を務めておられるのが、玄田有史先生です。先生の著書としては「希望のつくり方」(岩波新書)などがあります。
 講演会に参加された保護者の方は、話題も豊富でユーモアたっぷりの先生の講演に聞き入っていました。

13:30 受付
14:00 開会あいさつ    金 井  亨 PTA会長
校長あいさつ    堀  康 子 校長
講師紹介       貴志貴久子 PTA副会長
14:10
〜15:55
 講 演
   「希  望  学」
       東京大学社会科学研究所 玄田有史 教授                         
15:55 謝     辞    佐野 俊和  PTA庶務
閉会あいさつ    金井  亨   PTA会長

 

 講演会の前に講師の玄田教授と金井PTA会長、堀校長との対談風景です。また、福井県の方からも出席されました。   主催者側を代表して、金井PTA会長、堀校長より開会のあいさつが、また、貴志副会長より講師の紹介がありました。  日常にあった話から芸能界の話まで、先生が研究・体験された話について講演されました。ユーモアたっぷりの話の中に、人生について考えさせられる講演でした。

参加された保護者の方からのコメントです。(抜粋)
 ○希望は必ず自分でつくれるという言葉に力をもらった。大人こそ希望を持つべきだ。
 
○ふさがっていた気持ちに風穴があいた気がした。
 
○子供の希望(夢)の実現に向けて、先生の言葉をお借りして、励ましてやりたい。
 
○小さい頃に好きだったものはずっと好きだというお話に、自分の人生を振り返り共感を覚えた。
 
○自分の子どもに「大丈夫だよ」と言ってやりたい。

 

    


司会進行をしていただいたPTA庶務の田中様、また、受付をしていただいたPTA庶務・常任委員、
そしてPTA通信編集委員の皆様、ご協力ありがとうございました。