回転する校章 藤島高校の沿革

安政 2年
明治 2年
明治 6年
明治 7年
明治15年
明治22年
明治25年
明治30年
明治32年

明治34年
明治39年
福井藩校明道館を城内三ノ丸(現大手2丁目)に創設する。
明新館と改称し、城内御本丸に移転する。
福井私立福井中学と改称する。
福井明新中学と改称する。
福井県福井中学校として発足する。
福井県尋常中学校と改称し、女子部を併設する。
女子部が独立し、福井県高等女学校として佐佳枝上町に開校する。
福井県福井尋常中学校と改称する。
福井県福井中学校と改称する。
福井県高等女学校校舎を宝永町に移転する。
福井県立福井中学校、福井県立福井高等女学校と改称する。
明新会」(同窓会)が発足する。
昭和 5年
昭和 8年
昭和11年
昭和20年
昭和23年




昭和24年


昭和26年
昭和29年
昭和31年

昭和32年


昭和36年

昭和39年
昭和41年

昭和42年
昭和43年
昭和44年
昭和46年
昭和47年
昭和50年

昭和52年

昭和55年
昭和56年
昭和58年
昭和60年
昭和61年
昭和62年
昭和63年
福井県立福井高等女学校校舎を和田村勝見(現御幸2丁目)に移転する。
福井県立福井中学校校舎が焼失する。
福井県立福井中学校校舎を牧ノ島(現在地)に移転する。
福井県立福井高等女学校校舎が戦災によって焼失する。
学制改革に伴い、福井県立福井中学校と福井県立福井高等女学校を統合し、
福井県立福井第一高等学校
として発足する。
通信制課程を併設する。
校章を制定する。
福井地震によって校舎が倒壊する。
福井県立福井第一高等学校と福井県立福井第二高等学校工業課程を統合し、
福井県藤島高等学校と改称する。
加藤佐助が初代校長となる。
PTAライブラリー(図書館)が竣工する。
水上豊が第2代校長となる。
創立100年祭を挙行する。
校歌を制定し、「福井県藤島高等学校百年史」を発刊する。
福井県立藤島高等学校と改称する。
安藤健二が第3代校長となる。
工業課程が独立し、福井県立福井工業高等学校として山奥町に開校する。
本館(現1号館)が竣工する。
片山一夫が第4代校長となる。
プールが竣工する。
体育館(現第1体育館)が竣工する。
西島銀蔵が第5代校長となる。
新嶺会館が竣工する。
住居表示改正によって、福井市文京2丁目8番30号となる。
大森陽が第6代校長となる。
通信制課程が福井県立道守高等学校へ移管される。
中央校舎(現2号館)が竣工する。
3・4号館が完成し、全校舎竣工式を挙行する。
小林郁夫が第7代校長となる。
西谷寿道が第8代校長となる。
中庭の造園が完成する。
藤島・高志学校群選抜制度による初の高校入試を実施する。
野坂忠善が第9代校長となる。
道下賢成が第10代校長となる。
第2体育館、武道館、弓道場が竣工する。
足利正臣が第11代校長となる。
図書館、体育館付属教棟が竣工する。
東哲郎が第12代校長となる。
創立130周年記念式典を挙行し、「百三十年史」を発刊する。
平成元年
平成2年

平成3年
平成4年
平成6年


平成7年
平成8年
平成10年
平成11年
平成14年
平成16年


平成18年

平成20年
平成21年

平成23年
平成24年

西正門が改築される。
竹村光雄が第13代校長となる。
運動部部室が竣工する。
1号館のリフレッシュ工事とともに、東門の改築及びカラー舗装工事を行う。
森 茂が第14代校長となる。
齋藤實が第15代校長となる。
第1体育館のリフレッシュ工事を行う。
弓道場横に運動部部室6室を新築し、プールの全面改築を行う。
グラウンドの全面改修工事を行い、併せてバックネット改修工事を行う。
小川英雄が第16代校長となる。
2号館のリフレッシュ・耐震補強工事が行われ、部室長屋が取り壊される。
和田周平が第17代校長となる。
田中完一が第18代校長となる。
藤島・高志学校群選抜制度が廃止される。
長谷川義治が第19代校長となる。
文部科学省からスーパーサイエンスハイスクールの指定を受ける。
吉田五衛が第20代校長となる。
創立150周年記念式典を挙行し、「百五十年史」を発刊する。
赤澤 孝が第21代校長となる。
太田和紀が第22代校長となる。
文部科学省からスーパーサイエンスハイスクールの指定を受ける。
小和田和義が第23代校長となる。
堀 康子が第24代校長となる。


トップページに戻る